「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

金井ゼミ写真展開催

2020年、コロナ禍により残念ながら中止となり展示がかなわなかった視点賞受賞作品「止まったままの時計ーフクシマ」を含む写真展。

現代写真研究所金井ゼミ写真展が6/23までアイデムフォトギャラリー「シリウス」にて開催中です。ぜひご覧ください。

2021『視点』展オンラインレクチャー

2021年視点展は、コロナの影響により作品についての解説を行うフロアレクチャーを中止ぜざるを得ませんでした。このフロアレクチャーをオンラインでお届けします。 選考委員(英伸三・中村梧郎・金瀬胖)による作品解説をご覧いただき、視点を楽しみ、さらに深くさくひんを理解するための一助にしていただければ幸いです。

「視点」開催のお知らせ

東京都美術館での開催が心配でしたが

5月28日東京都美術館より6月1日から開館する旨、公式発表がありました。

これにより第46回「視点」展は予定どおり6月6日~13日開催します。

開催にむけご尽力いただいた皆様にあつく御礼申し上げます。

本展はチラシでの発表のとおりコロナの苦境の日々の写真記録をはじめ

数々の貴重な写真をご覧ください。公募展のもつ力を実感いただけるものと確信します。

出品の皆様、写真愛好家のみなさまには感染対策にくれぐれもご留意のうえ

ご来場いただきたくご案内申しあげます。

2021視点委員会委員長 金瀬胖 

2021年第46回全国公募写真展『視点』作品募集のお知らせ

第46回「視点」展の作品募集要項が出来上がりました。
郵送の受付は2021年2月12日~3月5日です。
(追記:来所による応募は緊急事態宣言を受けて中止とさせていただきました)

視点展は、6月6日から6月13日東京都美術館を皮切りに全国6カ所を巡回します。
奮ってご応募ください。

三木知子写真展「イーイーカインとピューピューエイ HIVとともに生きる」

JRP付属現代写真研究所に在籍する三木知子さんの個展が開催されます。

三木 知子 写真展 <ニッコールクラブ会員展>
「イーイーカインとピューピューエイ HIVとともに生きる」
ニコンWebサイト
https://www.nikon-image.com/activity/exhibition/thegallery/events/2021/20210216_shinjuku2.html

会期
ニコンプラザ東京 THE GALLERY
2021年2月16日(火) 〜 2021年2月22日(月) 日曜休館10:30~18:30(最終日は15:00まで)
※緊急事態宣言発令時は、時短営業となります<10:30~17:30(最終日は15:00まで)>

開催内容
「知人の団体が行っているミャンマーのHIV陽性者を支援する活動を撮影する為、ミャンマー南東部に位置するモン州を訪ねました。そこで出会った二人のHIV陽性女性に、私は強い共感を覚えました。 現地NGOで働くイーイーカインさんは、セックスワーカーとして働かざる負えない女性達をHIV感染から守っています。「女性達がきちんと予防出来るようになった時が一番嬉しい」と話してくれました。 ピューピューエイさんは、母子感染した二人の孤児を育てています。子供達の世話を依頼した自助グループからの支援は途切れ、経済的には苦しい状況ですが、子供達を育てる中で人生の意味を感じられるようになりました。

写真展では、イーイーカインさんに同行して見えたミャンマーにおけるHIV感染の実状、ピューピューエイさんが子供達と家族となる様子、そして何よりも、辛い経験の中から自分の道を見つけ、今を力強く生きる彼女達の姿を伝えたいと思います。(三木知子)」(ニコンWebサイトより)